省エネルギーで地球温暖化防止?!

LED電球を使用する場合、従来の白熱電球の半分以下の電力消費になります。4分の1程度までおさえられるとも言われているのです。蛍光灯と比較しても40%から50%ほど削減されるのです。そのため、CO2の削減になるということで、地球温暖化防止に貢献出来るでしょう。また、発光成分のほぼ全てが目に見える光なので、発熱のロスが少ないともいえます。省エネルギーで無駄なく明るい光を、使用することが出来るということですね。

電球の寿命が長い?!

白熱電球の寿命は1000時間から2000時間とされています。しかしLED電球の場合の寿命は、4万時間から6万時間なのです。そのため、LED電球を1日10時間使用した場合、10年以上使えるということなのです。頻繁に交換する必要が無いので、とても便利ですよね。また、白熱電球の場合、寿命がくると急に明りが切れてしまいます。しかし、LED電球の場合は、明るさの照度が落ちるだけなので、突然明かりが消えてしまうということがないのです。

紫外線フリーだから目にも物にも優しい?!

白熱電球には、紫外線が含まれています。しかし、LED電球は紫外線フリーなのです。そのため、目への刺激が少ないと言えます。また、紫外線は美術品や絵画の色褪せの原因となってしまいます。LED電球なり、美術品や絵画への影響が少ないのです。また、虫は紫外線による傾向があり、白熱電球の場合、虫が寄りやすくなるのです。しかし、LED電球にすることで、明るくしていても虫が集まってくることは無くなるでしょう。屋外で使用する場合、とても重宝しますよね。

LEDライトパネルの選び方をマスターするために、複数の製品の性能やアフターサービスの良しあしを把握することが大事です。