「気軽な気持ちで気負わずに」

初めての環境。慣れない作業。人と人との?がり。人は繊細な生き物です。些細な事でも、意外とふとした事でストレスを抱えているのかもしれません。一人で頑張りすぎてストレスが溜まった結果「眠れない」「人と話す事が怖い」「何をしても楽しくない」等、心のケアが必要な場合があるかもしれません。誰かに話したい、でも話せる相手が居ない、誰に話せば良いのか分からない。助けてほしい。そんなやり場の無い苦しみが続くようであれば、気軽な気持ちで心療内科に行ってみてはいかがでしょうか。何も気負う必要は無いです。先生方は、きっとあなたの辛い事や苦しい事を親身になって聞いてくれます。また、それだけでも、あなたにとって「息抜き」になるはずです。

「あなたの目線で話をしてくれる」

実際に行ってみても、思ったように自分の気持ちを言葉にすることが出来ない…。そんな事もあるとは思います。しかし先生方は、あなたの話す速度に合わせて話を聞いてくれます。焦る必要は無いのです。何から話せば良いのか分からない場合は、きっと先生の方から話題を振って話をさせてくれます。大事なのは、あなたが苦しみから少しでも早く解放される事です。少しずつでも話をする事が出来たなら、先生方は優しくアドバイスをくれるはずです。今後の為に、他でもないあなたの大切な未来の為に。そうすれば、あなたが抱えている苦しみが和らぐ日がグッと近付き、解放される日も近いのではないでしょうか。

「行きたい時に行って良い」

診察が終わると、大抵次回の日程を決めるか聞かれると思います。だからといって、その場で予約しなくてはいけない場合は少ないと思います。あなたの無理の無い程度に、あなたが話を聞いてほしいと思った時に、電話やネットで予約をすれば、また先生はあなたの話を聞いてくれます。なるべく無理のないよう、ストレスのないように。丁寧な対応と説明で、きっと先生方はあなたの心の支えになってくれると思います。そして、あなたが苦しまなくてすむように、懸命に知恵を絞って下さる事でしょう。「行きたいけど行きづらい」「どうせ誰に話したって同じだ」と“自分の話を誰かに聞いてもらいたい”という気持ちが少しでもあるならば、行ってみてはいかがでしょうか。もちろん、無理にとは言いません。しかしそれをする事によって、あなたの苦しみが軽くなる、なくなる可能性があるのなら、1つの手段として検討してみてはいかがでしょうか。

心の調子が悪く、更に身体の調子も悪い方は岡山にお住まいなら岡山の心療内科で診察してもらいましょう。必要があれば、ご自分に合った薬を出してくれるはずです。